第11回全国和牛能力共進会 和牛の祭典2017inみやぎ

みやぎ全共高校サポーターズ倶楽部

みやぎ全共高校サポーターズ倶楽部

宮城県の農業高等学校

配置図 高等学校名 所在地
配置図 柴田農林高等学校 大河原町字上川原7-2
伊具高等学校 丸森町字雁歌51
亘理高等学校 亘理町字舘南56-2
農業高等学校 名取市高舘川上字東金剛寺1
加美農業高等学校 色麻町黒沢字北條152
小牛田農林高等学校 美里町牛飼字伊勢堂裏30
南郷高等学校 美里町大柳字天神原7
迫桜高等学校 栗原市若柳字川南戸ノ西184
石巻北高等学校 石巻市鹿又字用水向126
登米総合産業高等学校 登米市中田町上沼字北桜場223-1
本吉響高等学校 気仙沼市本吉町津谷桜子2-24

トピック

交流会を開催しました(平成28年8月22日更新)

8月3日に全国和牛登録協会宮城県支部と全農宮城県本部との共催により「和牛担い手育成研修会」が開催され、県内農業高校8校の生徒と農業大学校畜産学部の学生たちが参加し、和牛の見方や審査について学びました。
あわせて宮城県学校農業クラブ連盟の家畜審査競技会「肉用牛の部」が開催され、各校3名計24名の代表が、全共宮城大会の家畜審査競技「高校の部」の代表を目指し、牛を見る眼を競い合いました。
結果、団体戦は昨年度に続き本吉響高校が優勝、個人戦は加美農業高等学校の農業科2年、佐々木研さんが栄誉を勝ち取りました。

家畜審査競技中の写真

そして、昼食後にはサポーターズ倶楽部の交流会を開催しました。
全共実行委員会事務局から改めて全共やプレ全共の紹介をするとともに、全共宮城大会ではじめて開催される復興特別出品区「高校の部」への出場を目指す4校から決意表明をしていただきました。

レポート紹介コーナー

『みやぎ全共高校サポーターズ倶楽部』の概要

平成29年9月に開催される第11回全国和牛能力共進会宮城大会(以下「みやぎ全共」という。)の運営サポートとともに、みやぎ全共を盛り上げるための自主的取り組み等を行う「みやぎ全共高校サポーターズ倶楽部」を創設しました。

活動を通じてみやぎ全共や和牛生産現場への理解を促し、みやぎ全共への一層の気運醸成が図られることを目的とします。

サポーターの活動内容は、以下の項目です。

マスコットキャラクターの牛政宗くんの画像

  1. みやぎ全共「高校の部」日本一を目指して知識や技術を学ぶ
  2. 地域の生産者や、みやぎ全共出品を目指す取り組みをレポートする
  3. みやぎ全共を盛り上げるための企画アイディアを考える
  4. 地元の紹介したい風景・人物・味や、高校の紹介などをレポートする

その他詳しくは、実施要領をご覧ください。

会員(サポーター)まだまだ募集中!!

県内農業高校の皆さんを対象にしているんだモ~!一緒に盛り上げてくれるとうれしいんだモ~!